会社の立ち上げにはリスクはつきもの?

会社立ち上げにリスクはつきもの?

これから会社を立ち上げたいと考えている人にとって気になるのがそのリスク。

最初からうまくいくとは考えてはいないものの、なるべくならそのリスクを減らしておきたいと考えるのは当然でしょう。

今回は、会社を立ち上げる際のメリットとデメリットについてお話していきます。昔に比べると立ち上げが簡単にはなりましたが、それでもリスクは存在しているのです。

目次

1.会社の立ち上げのメリットとデメリット

会社の立ち上げのメリットとデメリット
働き方が自由になった現代では、会社を自分で立ち上げる人が年々増加傾向にあります。

会社を立ち上げるといっても株式会社として設立するのか合同会社として設立するのかによってそのメリットやデメリットは異なっています。

株式会社を設立するメリットで言えば、個人事業と比べると信用度合いがアップすることが挙げられます

取引できる相手が増えることもそうですし、営業をする際にも信用されやすいというメリットがあるのです。

税金や節税の面でも有利になることが多く、法人化することによって経費として扱えるものが増えることもメリット。また、近年話題になっているのが合同会社。株式会社と同様に信用度がアップするメリットがあります。

株式会社に比べて低コストで立ち上げることができる上に、維持がしやすいという面もあります。自由に事業をしたい人にとっておすすめです。

会社を立ち上げる際のデメリットについても考えておかなければなりません。

会社を立ち上げる際にはコストがかかることが最大のデメリットと言えます。株式会社を設立する場合は最低で15万円、合同会社で6万円の登録免許税が必要となります

それから、会社を立ち上げる時には社会保険への加入義務が生じます。

その分の負担額も用意しておかなければなりません。従業員を雇う場合にはそのコストもアップしてしまうのです。会社として立ち上げた以上、社長が一人であっても社会保険には加入する義務があります。社会保険料の半分は会社側は負担することになっていますので、その分もデメリットと言えます。

税金に関しても、法人税は年間7万円ほど納めなくてはいけません。

これは、赤字であったとしてもです。会社が存在している以上、払い続けなくてはなりません。このように支払わなくてはいけないものが多いのが、会社立ち上げのデメリット。それ以外にも各種保険手続きや従業員の確保など立ち上げ段階での心労は相当なもの。確実に儲かるシステムがない場合には、リスクしかないというわけです。

2.会社の立ち上げ前に考えておくべきこと

会社の立ち上げ前に考えておくべきこと
会社を立ち上げる前にしっかり考えておきたいリスクですが、一番のリスクは稼ぐことができるのかという点です。

今まで雇われていた立場にいた人にとっては、会社が全て手続きをしてくれていました。しかし、自分で会社を立ち上げるということは、全てを担うということです。

給料から天引きされていた健康保険や年金、社会保険などは全て自分で管理しなくてはいけませんし、税金に関しても行わなくてはいけません。会

社分だけではなく個人での加入も必要となりますし、雇用保険には加入することができないのです。

会社を立ち上げた場合、病気になったからと言って休むことはできません。実際には休むこと自体は自由ですが、休めばお金を生み出すことができませんので、病気になることも簡単ではないというわけです。

今までは体調が悪ければ会社を有給として休むことができましたが、全ては自分に跳ね返ってくるため、立ち上げて数年は休むこともできなかったという人も少なくないのです。このようなリスクを跳ね返せるように、事前にしっかり考えておくことが大切です。

それから、会社を実際に立ち上げるとなれば、色々な手続きが待っています。

印鑑を作ったり、株式会社の基本事項を定めたり、役員の印鑑証明書を取得するなど挙げればキリがないほどやることがあります。

細かいことを言えば、会社のロゴや名刺、ホームページや事務所、電話などの準備も同時進行していかなければなりません。たった一人でそれらを行うとなれば、時間も手も足りないでしょう。

そして一番のリスクは、お金。会社を立ち上げる段階でも相当なお金が必要となりますが、会社として維持していくお金もかなり必要となってくることを理解しておきましょう

テナントを借りている場合にはその賃料や電気代、通信代や従業員の給料、交通費や税理士さんなどの依頼料、備品などの購入費に接待費、そして税金や社会保険などが毎月のようにかかってきます。

固定費は決まってくるとは思いますが、イレギュラーなことにも対応するお金は必要不可欠。

最初の段階で借金をしている場合には、借金を抱え込んでしまうこともリスクと言えます。日本では会社で借入する場合には保全を聞かせ、会社で借金したお金は社長が個人保証することが多いのです。

これは会社が借金を返済することができなければ、社長本人が借金を返済しなくてはいけないということ。このようなリスクを回避する為には、自己資金で会社を立ち上げるようにすることです。

それでも賄えないようであれば、借入ではなく投資として資金を集める方法をおすすめします。または個人保証が必要のない借入先を見つけることもポイントです。

3.まとめ

会社の立ち上げを考えた時、真っ先に思いつくのがメリットです。

しかし、どんなことでもメリットがあればデメリットが存在していることを理解しておきましょう。会社の立ち上げにはリスクはつきもの。

特にお金に関するリスクが多いので、自己資金で賄えるかどうかをしっかり確認しておきましょう。そして、そのリスクによって頓挫しないように事前にイメージしておくことが大切です。

5か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です